【情報量について】

ROOXが取扱うオフィスビルの情報量がどのくらいか

試しに、ROOXデータベースと巷の不動産屋さんが使用しているポータルサイト 仮称「a」と比較してみました。



サンプルの条件

①東京駅周辺(徒歩10分以内)で100坪以上のオフィス物件

②新宿区西新宿の住所で50坪以上のオフィス物件

③JR線「秋葉原駅」「神田駅」「新橋駅」10坪~20坪のオフィス物件



結果

①で約10倍

②で約4倍

③で約5倍

 ROOXの方が情報量が多い事が解りました。



これは重複した情報を整理しカウントした純粋な数値です。



これによってROOXでは事実と根拠に基づいた交渉を可能としています。



もちろんそれだけではありませんがオフィスを探す際の業者選定の条件として、まず自社でデータベースを持っている会社かどうかも一つの判断基準になるかと思います。



そして、自社のデータベースを持っている会社かどうかの見極め方としては「自社のオフィス物件検索サイトがあるかどうか」で解ります。



ちなみに弊社は「ビルサク」という検索サイトを自社のデータベースを活用して運用しています。

LINEで送る